あきらめないで!お尻の黒ずみの解決方法を徹底リサーチしました

黒ずみの原因とは

あなたが気づかない間に引き起こされる、お尻の黒ずみ。そのきっかけは大きく4つに分類できます。それでは気になるもとについて詳しく見ていきましょう。

お尻の黒ずみの原因は外因・内因がある

お尻の黒ずみの原因は、主に以下のことが考えられます。

摩擦

下着や洋服とお尻が擦れる、座ることでお尻と椅子が擦れる、など、お尻と物との摩擦が原因です。肌は刺激を受けると、それを防ごうと、メラニンを生成します。

お尻の肌も同じことで、摩擦の刺激でメラニンが生成され、結果、肌が黒ずんでしまいます。また、肌を守ろうと、ターンオーバーを必要以上に早めてしまうため、角質が厚くなり、黒ずんでしまうこともあります。

この黒ずみをとろうとして、垢すりなどでゴシゴシ擦ると、さらに刺激され、黒ずみが悪化することがあるので注意が必要です。 摩擦によるお尻の黒ずみを防ぐために、以下のことを気をつけましょう。

  • 下着は天然素材で締めつけないものを選ぶ
  • できるだけ座る時間を短くする
  • お尻は優しく洗う

乾燥

お尻が乾燥すると、摩擦の刺激と同様、肌のターンオーバーが異常に進み、角質が厚くなって、黒ずみの原因となります。乾燥によるお尻の黒ずみを防ぐために、お尻が蒸れない程度に保湿をしっかりと行います。

角質をとり除くために、ピーリングなども効果的ですが、ピーリングは肌をより乾燥させてしまうため、その後の肌の保湿は念入りに行うことも必要です。

かぶれ・ニキビ

アレルギー、無駄毛処理時についた傷、お尻ニキビが炎症を起こすことによって、肌を刺激し、メラニンを生成して黒ずみの原因になります。

また、合わない化粧品や石鹸を使うことで、お尻がかぶれてしまい、肌を刺激して黒ずむこともあります。

かぶれの場合は、原因をすぐに突き止め、できるだけ早く原因であるものの使用を中止しましょう。アレルギーや吹き出物などは、皮膚科に相談することも必要です。

ホルモンバランス

妊娠や出産、生理不順など、女性ホルモンのバランスが崩れることで、黒ずみが発生することがあります。

妊娠や出産の場合は、その時期が過ぎれば、徐々に改善されていくので心配はいりません。生理不順などの異常なホルモンバランスが原因の場合、まずは、食生活や睡眠時間など、生活習慣に問題はないか、を確認します。また、基礎体温を測るなど、体の状態を確認しましょう。

 気になることがあれば、婦人科を受診することもオススメします。このように、お尻の黒ずみは、外からの刺激等により起こることがほとんどで、まずはお尻環境について見直すことが必要です。

あわせて、食生活や睡眠など、生活環境も気にかけると良いでしょう。