あきらめないで!お尻の黒ずみの解決方法を徹底リサーチしました

対策法その3/塗り薬・専用コスメ

専門家にお願いしたり、薬局から処方箋をもらったりするのが、面倒な人は塗り薬で治す方法をオススメします。毎日のケアとともにクリームを塗るだけなので、気軽に始められるのがポイント。

また、効果を実感しつつ続けられるため、モチベーションを保ちながら、楽しくケアをすることができるでしょう。

塗り方も重要!お尻の黒ずみケアに薬やクリームを使う

お尻の黒ずみをケアする方法の一つに、外用薬(塗り薬)やクリーム、専用のコスメなどを使う方法があります。

皮膚科などで処方される外用薬をはじめ、市販されているボディクリーム、お尻専用のコスメクリームなどがあり、気になるところに直接塗るのでケアしている実感が高いこと、毎日自分でケアできることなどが魅力です。

特に、最近では、お尻の黒ずみ、ザラザラ、ブツブツなどをケアする、お尻専用のコスメが出ているので、それらを使うと、より効果が期待できるでしょう。お尻に塗るクリームは、塗った後、ベタベタしないものをオススメします。ベタベタのまま下着をつけると、下着とお尻の摩擦が強くなり、逆効果の可能性もあるからです。

次のカテゴリーで、お尻の黒ずみ解消コスメを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。さらに、お尻にクリームを塗る際にも、いくつかポイントがあります。

塗るタイミング

夜は入浴後すぐ、塗ることをオススメします。温まった肌に成分が浸透しやすく、水分蒸発も防げる効果が期待できます。

また、睡眠によって水分が蒸発した朝に塗ることも重要です。そのほか、乾燥が気になったときに塗ると良いでしょう。

マッサージが重要

ただ、さっと塗るのではなく、塗りこむことが大切です。

お尻の場合は、血行を良くすることに加え、ヒップアップも兼ねて、マッサージをしながら塗り込みましょう。太ももからお尻にかけて持ち上げるようにマッサージした後、お尻の外側から、内側に向かって円を描くようにマッサージしていきます。さらに、こぶしをつくり、お尻を揉みほぐしていくと良いでしょう。

クリームのベタつきがなくなるまで塗り込むことがポイントです。

お尻の黒ずみケアは、毎日根気よく行う必要があるので、塗り薬や専用クリームを使い、上手にケアしていきましょう。