あきらめないで!お尻の黒ずみの解決方法を徹底リサーチしました

対策法その1/レーザー・光治療

美容の専門家に依頼して、お尻の黒ずみの対策をしてもらう方法があります。

美容プロフェッショナルのアドバイスや相談などができるため、自分に合った改善策を教えてくれるのが魅力です。やはり人にお願いする分、費用がかかってしまいますが、時間と手間をかけたくないと思う人にはオススメです。

レーザーやピーリングで行うお尻の黒ずみ対策

お尻の黒ずみ対策の一つに、美容クリニックやエステサロンで行う、レーザー照射やピーリングがあります。それぞれどんなものなのかを紹介します。

レーザー

肌にレーザーを照射することで、肌の角質を除去していきます。また、このレーザーが肌の奥を優しく刺激し、肌の再生能力を促進させて、肌サイクルを正常に戻していきます。

クリニックで受けるレーザー治療といえば、脱毛のレーザーが有名ですが、脱毛レーザーは強いレーザーを使い、メラニンに反応して毛根を破壊していきます。それに対し、お尻の黒ずみに使用するレーザーは、フェイシャルにも使われるレーザーで、照射作用が弱いものです。

クリニックの場合は、脱毛レーザーとフェイシャルレーザーの2つの機器を持っている場合と、1つのレーザー機器で照射強度をかえて使う場合があります。

エステでは、そもそも強いレーザーは持てないので、フェイシャル用の弱いレーザー機器が使われます。レーザー照射後は、一時的に肌が弱い状態になり、色素がついて逆に黒くなったり、痛みがあったりと、術後の経過に注意が必要です。

レーザー治療の場合は、ケミカルピーリングのように薬剤を使わないため、薬剤アレルギーのある方でも使用できるのが特長です。しかし、数回通う必要がある、価格が高いというデメリットもあります。

ピーリング

ケミカルピーリングとも呼ばれ、ピーリング剤を使い、その酸の働きで古い角質を除去していきます。また、同時に、新陳代謝を促進させて、肌を正常のサイクルに戻していきます。これも、フェイシャルで行うピーリングと同じもので、美容外科クリニックやエステサロンで受けることができます。

しかし、クリニックやサロンによって、実績はもちろん、使っている薬剤や、その前後処理の方針が違うので、自分に合ったクリニックやサロンを吟味することが重要です。

ケミカルピーリングは、確実に角質を除去できるメリットがある一方、薬剤を使用するので、肌が弱い方などには不向きです。このように、クリニックやエステで行う治療は、確実性は高いものの、人によって術後の状態には不安がある点を十分に考慮したいところですね。